Raspberry’s Grimoire

YouTuberのRaspberryのブログです。インテリア・雑貨・コスメ・美容・趣味のことなど様々な分野のことを書いています♪

進学校から専門学校に行ったお話

こんにちは。

YouTuberのRaspberryです。

今回はちょっと真面目なお話をしてみようと思います…。

 

私は今、映像系専門学校2年制2年の専門学生です。

 

主に進路に悩んでいる高校生の皆、その中でも何かのクリエイターになりたいって思う方、ゲーム業界で働きたい方に参考になるかなと思うので、

悩んでるそこのあなたに、参考になると嬉しいです。

 

 

私は進学校から専門学校に行きました

私の高校時代の話も含めてお話しますね。

 

私は元々進学校(偏差値65くらい)と言われるくらいの高校に通っていました。

 

入学当時は大学に行く気満々でした。

というか大学に行くという選択肢しかこの学校にはないだろうなと思っていたから😅

 

高校1年生の頃の私は将来の夢が明確にわかっていなくて、特に何も考えず、塾にも行かず、

部活をやったり、友達と遊んで過ごしたり、YouTubeも波に乗ってきた(?)ところだったので動画編集をしたり、趣味であるゲームをしたり、ピアノを習っていたのでピアノをやったり、

とにかく自分のやりたいことをして自由に過ごしていました。

 

でも私の学校は1年生の後期にはもう文系か理系かどっちの道に進むか選択しなきゃいけなくて😧

"はやっ!!!"っと思っていたけど

どちらかは選ばなきゃいけなかったので

"とりあえず文系ではないだろうな…。社会も国語も苦手だし。私はインテリアが好きだし建築系のこと学ぼうかな"

と生半可な気持ちで理系を選びました。

 

そして2年生になり

数学も物理も化学もほんっとうに難しくて!!!(笑)

"え…私選ぶ道間違えたかな…"

と初っ端から思ってました。

 

2年生も変わらず、自分の好きな事をやり続けて、

秋頃、進路調査で志望大学を書くことがあったんですが

まぁ行きたいところなくて。というか将来の夢すらまだ定まってなくて…。

だから何学部に行きたいのかすらわからないんだよね😂

 

3年生の専攻を文系に変えられる機会があったんですが結局どこの大学に行きたいのかわからなかったので、理系のまま進むことに決めました。

 

そしてちょっと気になっていた建築系のことも調べてみたんだけど

私のやりたいことと違う!

って強く思いました(笑)

建築士になりたいわけじゃないし、建物には思い入れのあるほど興味はそこまでない…。

私の目指してる道はここじゃないなって思うようになり、

進路について深く考えることを放棄してしまいました。

これが本当にいけなかったね…。

 

2年生の頃、ちょうどYouTubeを本格的にやり始めたこともあって、UUUMのイベントであるU-FESに出させてもらったり、グッズも販売させてもらったり、

学校では部活の部長に選ばれたりと

すごく充実した日々を送っていて、本当に楽しかったです。

目の前にあることをこなしていく感じで

将来のことを考えることがあまりありませんでした。

 

そして3年生になり、いよいよ受験生。

私の学校は7月に文化祭があって、3年生は全クラス劇をやるんです。

私は劇の衣装係と音響を担当して、

それはそれは忙しかった!!!(笑)でもすっごく楽しかった。

 

動画編集に慣れてるから音の編集も楽勝💪だったので、みんなの声を録音してBGMに合わせて編集したり、人生でなかなか経験することはない音響ができてすごく嬉しかった😌

あと私デザインすることもすごく好きだから衣装のデザインも衣装の制作もできて、これも大変だったけど楽しかった♡

 

そんな感じで劇は無事に成功✨

 

この経験をして

私って裏方に向いてるのかも…

って思いました。

編集も衣装製作も裏方の仕事だし、表にでることより実は裏の作業が好きなんだよね私(笑)

YouTuberなのに(笑)

 

ちょっと話逸れちゃったけど、

文化祭が終わってからみんな本格的に受験勉強。

 

私も将来のことについて深く考えるようになりました。(この時点で結構遅いんだけどね)

 

私の好きな事ってなんだろう、将来やりたいことって何だろう、仕事にしたいことはなんだろう、

めちゃくちゃ考えました。

学校の授業中も将来のことばかり考えてました。

 

私の好きなものってなに…?

ディズニー、ゲーム、動画編集…

 

この3つに全部共通するもの、それが

CG・映像でした。

 

それに気づいた時

あぁぁぁぁぁ!!!これだぁぁ!!!!

と心の中で舞い上がりました(笑)

 

よし、映像系の大学に行くぞー!!

と思い大学探しがスタート。

 

だがしかし…。

夏の時点でも行きたい大学がみつからず。

良いなーって思うところがひとつもない…。

 

実は映像系の学部がある大学ってすごく少なくて。

 

え、どうしよう、行きたいところがない。

 

このことは先生にも相談しました。

先生は真摯に相談にのってくれて、私に合うんじゃないかと思う大学も探し出してくれました。

本当にありがたかったです。

 

進路のことを考えてるうちに、ゲーム会社にすごく興味を持つようになって

元々私5歳の頃からゲームが好きで、今までいくつものゲームを遊んできて、何回も楽しい気持ちになったから

"今度は私がゲームを遊ぶみんなに感動を与えたい"

って思うようになりました。

 

ゲームのことも学べる大学を探そうって途中から考えたんだけど

そうなるともう専門学校が1番なんです。

 

専門的にゲーム開発のことを学べるのはやっぱり専門学校しかなくて。

 

専門学校に行く!!!って心の中で決めてたけど

実は先生にも親にも言わず、

自分の行きたい専門学校を探し出しました。

 

専門学校に行くからには絶対ちゃんと学べるところがいい。就職もちゃんとできるところがいい。

と強く決めて探し出しました。

 

そして行きたい専門学校をみつけだして、

まずは親に相談。

両親二人とも大学卒業しているので、そこはやっぱり色々と言われ反対されました。

反対はされたけど、思い返せばそこまで反対されなかったかな。

もう進路のことでてんてこ舞いだったので

どう説得したかイマイチ覚えていないんだけれども…

自分の進みたい道をみつけたっていうことを熱弁したような気がします。

 

そこでなんとか両親の了承は得ました。

 

あとは先生…。

学校の先生って学校の進路状況を大切にしなきゃ行けないから、

とりあえず大学には行かせようとするんです。

これはどこの学校の先生も同じかな。

しかも私の学校は進学校だったから学校的には本当に申し訳ないなと思いました…。

 

でも先生は生徒の進みたい道を応援してくれるもの。

いい顔はされなかったけど(笑)反対もされませんでした。

結局先生にはゲーム制作のことを学びたいってことは話せなかったんだよね。その時は女子がゲームやっているってことがなんか恥ずかしくて。

だから専門学校に行きたい理由を誤魔化すのが大変でした。今だったら堂々と言うのに(笑)

 

両親も先生も説得したところで

秋頃に願書を出し、入試を受け

無事に行きたい専門学校に合格しました。

 

とりあえず進学先は決まってホッとしました。

 

だがここからなかなか辛くて。

 

進学校なので、周りはみんな大学受験。

学年でも専門学校に進学した人は私だけなんじゃないかな…?少なくとも私のクラスには私しかいない。

その状況が結構辛いです。自分で決めたことだけど。

仲間はずれ感がすごいのと、

"あいつ勉強できないから専門学校にしたんだな、諦めたんだな"(あながち間違ってはいないけど笑)

と思われるんじゃないかなとか惨めな気持ちに何回かなりました。

 

あとみんなとは違った受験をしたので、受験のことを話すことはなかったし、みんなが勉強を頑張っているところをみると私も大学にした方がよかったかな…って後悔しそうになった時もありました。

 

 

そして卒業式が近づいてきた冬頃。

もう学年中のみんなも、先生はどうだったのかわからないけど

私がYouTubeをやっていることはほぼ全員知っていて(笑)

 

そんなわけで卒業式に流す思い出の映像を私が作ることになり

70時間くらいかけて、映画のような映像を頑張って作りました。

ひとりで(笑)

 

卒業生、在校生、保護者の方々、

600人近くの人に私の作った映像をみてもらいました。

中には映像をみて泣いてる友達がいたり、

拍手をたくさんもらったり、

すごくいい経験をさせてもらいました。

 

YouTubeやっていてよかったなと思ったのと同時に、この学校で高校生活を送ることができてよかったなと本当に思いました。

 

無事に卒業しました。

 

専門学校に入学

いよいよ専門学校入学。

楽しみでもあり不安でもありました。

 

ちなみに私は2年制の専門学校にしました。

4年制とか3年制も中にはあるけど、

私の性格的に長々やってもだらけてしまう気がしたから2年制にしました。

短い期間だから集中して勉強するぞー!と思えたんです。

 

学校が始まり、

最初の1週間は本当に友達できないんじゃないかと思ったよ…誰とも話せてなくて(笑)

 

でも時間が経つにつれて、

普通にいろんな人と話せるようになって友達もできて、

 

4月の学校説明会では

もう就活の説明があって!!(笑)

 

実は私就活のことはよく知らずに入学してしまって、2年制だと1年の終わり頃にはもう就活が始まるんです。そのことを知らなかった(笑)

 

だから1年の秋頃には就活に向けて作品作りが始まり、毎日学校に21時過ぎまで残り作品を作り続けました。

幸い、仲がいい友達みんなも居残りしていたので、すごく心強かったです。

みんな頑張ってるから私も頑張ろうって思えました。

 

そして1年生が終わる頃の3月。

就活が始まりました。

 

私は"エフェクトアーティスト"という職種が志望職種です。

キャラクターの魔法を作ったり、爆発や炎など制作するお仕事です。

 

私はゲーム会社に就職したかったので、気になるゲーム会社にいくつか応募しました。

いくつかというか

実は私は3社しか応募しませんでした。

絶対にこのどれかに受かってやるー!!!と

強気な気持ちで挑みました(笑)

 

ゲーム業界は

書類選考→一次面接→(※二次面接)→最終面接

という形が多いです。

※私の場合二次面接はなく、一次面接からすぐ最終面接にいくことが多かったです。

 

私は高校生の頃から、UUUMの方々、大人の方と話す機会が多かったので

面接は比較的緊張はしないで落ち着いて喋ることができました。

あとはゲームへの熱い想いを語りまくりました(笑)

 

そして無事に内定をいただきました。

 

ずっと行きたかった憧れのゲーム会社…。

本当に嬉しかったです。人生の中で1番嬉しかった。

 

専門学校選んでよかった

と強く思いました。

 

気になるところ

ひとつ気になるところ。

それはやっぱり大卒と専門卒では初任給が違うところです。

だいたい3~4万円くらい差があるかな。

(例:専門卒→月給20万

大卒→24万)

 

専門学校に行くと親に相談した時、ここが一番引っかかったらしく色々言われました。

大卒じゃないと給料伸びないとか。専門卒じゃたいした給料もらえないとか。

実際これは私も不安で心配でした。

 

でもよくよく考えてみると

私は大学に通っている人達より2年早く働くことになります。

 

例えば月給20万だとして大卒の人より2年早く働くので

(20万×12ヶ月)×2年=480万

そこにボーナスが出たとしたら500万~600万円程になるでしょうか。

 

500万円~600万円大卒の人より早く稼ぐことができると考えたら、

少し前向きな気持ちになりません?(笑)

 

働くことも今から楽しみですが、今後一層自分の趣味にお金を費やすことができるのもとても楽しみです。

 

会社にもよりますが、クリエイターの給料の伸びしろは自分の頑張り次第だと先生方や業界の方に聞いています。

 

なので私はそこまで学歴は気にしていないです。

 

私の伝えたいこと

私の伝えたいことを最後にまとめますね。

 

これは私自身の経験上でのおすすめポイントなので、あくまでも参考程度に。

そしてクリエイターを目指す人向けのお話です。

 

まず、私が思う専門学校に行くことに向いている人は

・やりたいことが明確に決まっている。・やる気がある。

・専門学校で学びたいことがある。・学歴は気にしない。

・早く業界に就職して知識や技術を身に付けたいと思う。

この5つかなと思います。

 

そして専門学校に行くメリットはたくさんあります。

 

ひとつは就職しやすいということ。

前述した通り、私の場合は3社面接をして就活が終わりました。

人によりますが、中には40社、100社と面接を受けたという人もいると先生方から聴いています。(これは作品作りをせずただただ遊んでしまった人の例です)

私は睡眠時間を削って作品作りを毎日してきたので、努力が報われたなと。頑張ってきた甲斐があったなと感じています。

 

そしてふたつめ。

趣味の合う友達がたくさんいること!!!これは本当に大きな出会いがありました。

私は今まであまり友達を作ろうと努力したことがありません(笑)というのも人間関係がごちゃごちゃするのがめんどくさくて...。たくさんの友達を作るというのは苦手。

一人の方が楽と思うことも何回かあったくらい人と付き合うことが苦手でした。

だから普段遊ぶ友達も本当に信頼している人しか自分からは誘いません。

 

だけど!専門学校に入学してから、趣味の合う人とたくさん出会って。

女子友達も男子友達も家族同然といえるくらい仲がいい友達が数人います。

ほとんど年上の友達なんだけど、みんないろんな経験をしていて、話していてすごく楽しいです。本当に。

あとゲーム友達もたくさんできて嬉しい。いつもボイチャをしながらゲームしてます。

 

そしてその仲良い友達数人は私がYouTubeやっていることを知っているので

よくラズベリー味のアイスやお菓子をみつけると、「仲間がいるよ!」って教えてくれます(笑)仲間ってなんやねん(笑)

 

あと専門学校で出会った友達の友達に美容師さんがいて紹介してもらって、その美容師さんとも友達になれて今では行きつけの美容院になっています。

こんな出会いもありました。

 

そんな感じでなんでも話せる友達に恵まれていて幸せです。

 

そして3つめ。

周りより一足先に大人になった気分になれます。周りよりも早く就職するので、安心感があるのとビジネスマナーも一足先に身に付けることができます。

人生何事も経験だと思っているので、なんでも先に経験しておくと今後困った時の対策につながるかなと思っています。

 

高校の同級生や大学に行った友達に就職先が決まったという報告をしたら

すごく褒めてもらえて、、

”夢に向かって突き進んでるあんたをみてこっちもやる気でてきたよ”

とかも言ってもらえてそれはそれは泣きそうになるくらい嬉しかった。

 

私は大学に行ったことがないので大学のメリットはお友達から聞いた話でしかまとめられませんが

・4年間あるので学校生活が思いっきり楽しめる。・留学ができる。

・サークルに入ったりすることで人脈が広がる。

・全休があるのでバイトをしたり遊んだり自由に過ごせる。

他にもたくさんメリットあると思います。

 

大学と専門学校の違いは主にこれかな。

2年制の専門学校は本当に時間がないです。すぐに就活が始まります。

遊んでいる暇もバイトする暇もほとんどありません...。

遊んでいたら就活するときにきっと後悔します。

サークルなんてありません。でも私はクラスの友達と一緒に居るだけで充分楽しいし、趣味でYouTubeやっているので、大学に行ったとしても私はサークル入らないかな。

あと全休なんてものはありません。高校の授業の延長みたいなものです。毎日授業あります。

 

このように、専門学校生活は決して楽なものではないです...。

でも私はやりたいことが明確に決まっていたので授業受けるのも楽しかったし、作品作りも楽しかったし、友達と毎晩学校に残って作品制作を一緒に頑張るのも、本当に楽しいしやりがいもあって充実した日々を送っていました。

 

私は専門学校にして正解だったと今は思います。

今では両親も「専門学校にしてよかったね」と言ってくれています。

 

あとこれだけは言えます。

専門学校にいっても大学にいっても、要は自分のやる気次第です。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

こんな偉そうなこと言ってきましたが、私はまだ19歳だし、来年から働き始める身です。

今将来に悩んでいる学生の方々に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

将来の夢がない方は

自分の好きなものを思い浮かべてみてください。きっとやりたいことがみつかるはずです。焦らずゆっくり考えてみてください。

大学や専門学校にいってから、考えるのもありだと思います。

私も実際ゲームを制作をやりたいという漠然とした夢でしたが、専門学校に通ってから自分のやりたい職種をみつけました。

 

今将来の夢がある方へ

自分のやりたいことができるよう夢に向かって一緒に頑張りましょう!!!

 

私はあと残り1年の学校生活を全力で楽しみます!!

では、最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

YouTubeクリエイター Raspberryより